不動産鑑定士の仕事とは

「不動産鑑定士」は国家資格を有しており、不動産の経済的な価値を判定し、その価値を価格として表す『不動産の鑑定評価』を行うのが主な仕事です。
「不動産鑑定士の仕事」には次のようなものがあります。

不動産鑑定

定期的に行う鑑定評価としては、国や都道府県、市区町村などから依頼される「地価公示」や「都道府県地価調査」「相続税標準地・固定資産税標準宅地の評価」などがあります。また、公共用地の取得や裁判上の評価、不動産を証券化する際の資産評価なども鑑定業務になります。

コンサルティング

高度な知識と的確な判断力を兼ね備えた「不動産鑑定士」は、不動産のエキスパートとして個人や企業を対象に、不動産の有効活用や開発計画に関する相談はもとより、総合的なアドバイスにいたるまで幅広く対応しています。

調査・分析

不動産の取引価格水準や地代家賃などの水準の把握をはじめ、不動産売買や担保価値の把握のための調査・分析や不動産投資や処分に関連するさまざまな調査・分析などを行い、判断資料としてまとめています。

国際評価(海外物件の評価)

グローバル化が進む中、海外から国内不動産への投資や、その逆に国内の投資家や企業による海外不動産への投資が活発化していることを受け、海外に存在する不動産物件の調査・評価を行っています。

不動産鑑定が役立つシーン

不動産鑑定士が行う評価や調査・分析は、不動産関連のさまざまなシーンで活躍しています。
その代表的なアイテムを紹介します。

不動産を賃貸借する際

ビルやマンションなどの家賃や、地代、契約更新料、名義書替料などを鑑定評価の対象とします。

不動産を担保にする際

不動産物件を担保として事業資金などを借り入れるとき、鑑定評価書があれば借入の限度金額の予測をつけることができます。また、担保を設定するときには、評価額をはっきりさせることが重要です。

相続で適正価格を調べる際

財産相続で土地・建物など不動産を分配するとき、鑑定評価を受ければ、適正な価格を把握でき、公平な相続財産の分割が可能となります。

資産評価をする際

土地・建物の現在の資産価格を知りたいとき、鑑定評価によって、その時点における価格を把握することができます。

不動産を売買する際

不動産を売却するとき、鑑定評価によって不動産の適正な価格を知ることができます。また、不動産を買うときや等価交換するときにも、安心して取引ができます。

不動産を証券化する際

不動産を証券化するとき、「不動産鑑定評価書」から、その不動産が生み出す収益の期待値を読み取ることができます。

税務
  • 関係者間における売買のため
  • 相続税申告における時価算定のための鑑定評価
  • 財産評価基本通達による評価が実勢価格よりも高い場合の鑑定評価
会計
  • 減損会計のための鑑定評価
  • 賃貸等不動産の時価算定のための鑑定評価
  • IFRSのための鑑定評価
金融
  • 担保価値の把握のための鑑定評価
  • 証券化不動産の取得・時価算定のための鑑定評価
官公署
  • 公共用地の取得のための鑑定評価
  • 所有不動産の売却のための鑑定評価
法務
  • 民事再生・会社更生のための鑑定評価
  • 相続財産の時価算定のための鑑定評価
  • 賃料訴訟のための鑑定評価
  • 立ち退き交渉のための鑑定評価
公的な鑑定評価
  • 地価公示(国)
  • 地価調査(都道府県)
  • 相続税標準地(国)
  • 固定資産税標準宅地(市町村)
相続税における鑑定評価
  • 対策時:広大地判定に関する無料診断(机上にて可能性の有無についてご報告)
  • 申告時:広大地判定に関する不動産調査報告書の作成
  • 納付後:還付手続きのサポート